プロフィール

オノ ベーカリー

≫ 詳細プロフィール

最近の記事

進むべき道 (05/01)

新体制 製造編 そして (01/09)

新体制 (10/04)

それから一年後そして今後 (04/23)

近況報告 (07/25)

記事テーマ

日記 (0)

お得な情報 (0)

製品・サービス情報 (0)

進むべき道

2013年5月1日10:05:11

こんにちは、オノベーカリーです。

安芸津店に帰って来て早半年になりました。福山事業所のみんな元気で頑張ってるでしょうか?

5月からまた新体制になります。新しいスタッフも増える反面、別れを選んだ人もいる。

が、しかし。この度すべて乗り越える覚悟で前進すると決めました。

岡山県、岡山市南区に秋口、出店します。

私にとって、ここからが今は亡き親父と交わした第一歩なのです。

不安というか正直今は、なんだろ?なんにも。ピンとも来ない。

嵐の前の静けさでしょうか?エネルギーを貯めて貯めて一気に爆発させるのを待つみたいな。不安もなければ、高ぶる感じも無く、淡々と一日を迎えております。

別れを選んだ人への悲しみでしょうか?今一歩燃え立てない今日この頃ですね。

でもそうは言ってられなくて、日に日に近づいております。オープンが。

安芸津店店長、岡山店店長の人選も固まりつつもあり、福山事業所も気に掛けながら、前進するのみ。

じゃないと、スタッフに申し訳ないし、自分の道みたいなのが崩れる気がして。

最近読んだ本で、「松下幸之助リーダーの言葉」という本のなかで、こんな言葉がありました。

「リーダーに求められるもの。高い志、深い見識、発想力、説得力、決断力、意志決定力、責任感、公平さ、柔軟さ、謙虚さ。すべての面で最高であることなど、まずありえない。

しかしただひとつ。だれにも負けてはならないものがある。

それは熱意。熱意だけは最高でなくてはならない。

熱意なくして、成功はありえないのである。」

私が、心奪われた言葉です。

これを持って行こうと思います。

さあ。この第一歩共に歩んでくれるスタッフ。

がんばろうぜい!


新体制 製造編 そして

2013年1月9日19:15:51

 今日は、オノベーカリーです。

 今回は、当社が誇る、製造スタッフを紹介します。

 捏ね担当:森氏

 当社オープン時からほぼ捏ね担当で早6年。最年長で、お兄さん的存在。温厚な人柄で、誰とでも優しく話しかけてくれるそんな存在。実は私と20年以上のつきあい。なんでも知ってますかね?たぶん。みんなは知らないけど衝突したこともあるんだぜ~い。私の良き相談相手として期待してます。

 捏ね担当:氏見氏

 昨年5月入社。34才独身。まだ1年経ってないですけど、センス溢れる努力家。一見無愛想で、あんまり喋らない雰囲気かと思いきや(私の勝手な印象)一番パートさんとコミュニケーションがとれ、気配りのできる優しいそんな人。そのギャップが素敵です。休みは、家でもケーキ作ったりしてるそうですよ(食べさせてもらった事無いですけど)根っから職人なんですかね?

 分割担当:肥後谷氏

 昨年1月入社。27才独身。丁度1年ですね。この人もセンス溢れる努力家というよりスピードスター。成長著しく、リードオフマンとして期待を寄せてます。休みはゴルフで汗を流す背の高いイケ面。それなのに恋人募集中。今度ゴルフいっしょに行きましょう。

 成形担当:片岡氏

 昨年4月入社。40才独身。思った事をはっきり発言する性格でパートさんと衝突したこともあるこの人は、一時、一部の人たちに嫌われた事もあるらしい。(私は、その時現場に居なかったですけど)私は、個人的には、好きですね。こういう人。嫌われるのが嫌で注意とか出来なかったりする人より全然いい。一生懸命やってんだもん。衝突することもあるんじゃない?今はみんな仲良くやってますけどね。問題は、その時誰が、トラブらずに事を収められるか?そんな、リーダが出てきてほしい。

 焼成担当:荒本氏

 高校卒業して入社し早3年。21才独身。はっきり言ってイケ面です。映画俳優みたい。なのに休みはゲームばかりしてるらしい。もったいない。仕事面は、若いだけあってキャリア3年とみんなより長いし、製パン技術高いですよ。この人もスピードスター。忍者のように飛び回ってます。ときどきスーパーサイヤ人になっちゃってます。これほんと。将来楽しみな逸材です。じっくり育ててあげたいそんな存在。

仕上げ担当:小田さん

 製造社員唯一の女性社員。パートさんから昇格。何より人柄がいい。子供さんもだいぶ大きいらしく、苦労もたくさんしてらっしゃいます。その分人間がしっかり出来ておられます。今後の期待は、パートさん達をしっかりリードしていってもらいたい。

後、パートさん、アルバイトの人達、さすが主婦の手さばき、ほんとに助けられてます。

このメンバーで仕事が出来ている事に感謝の気持ちでいっぱいです。

 

さあ。

 

もう一段階階段を上りましょう。

次回、新たな展開が報告出来そうです。

すべてを乗り越えて進む覚悟で。このスタッフと共に。これから出会うスタッフと共に。

ありがとうございました。

 


新体制

2012年10月4日00:31:00

 今日は、オノベーカリーです。

 早6年。何とかここまで頑張って来れましたね。ほんとにスタッフに感謝です。

 今回は、新体制として当社が誇る、9人の販売員(セールスアドバイザー)及び、  

 製造スタッフを紹介します。

 まず安芸津販売員から

1R、津田氏。28才独身。最初製造社員として今年入社。一見真面目そうに見えて、実も真面目。とゆうか癒し系なので皆のなかにいて空気を和ませてくれるそんな存在。営業経験がない分、若さと機動力でカバー。もっと欲を持ってもいいぞ?一緒に車に乗った時、私が蜂に刺され、すぐ医者に行きましょうと心配してくれてありがとう。ミツバチだったから大丈夫です。

2R、山藤氏。30才既婚。今年入社。4人の御子さんを持つ、後輩思いの優しいお兄さんみたいな人。若いのに凄く落ち着いてるイメージ。缶コーヒー飲む時もそっと後輩に差し出す一面も。私はちゃんと知っている。休みは、野球チームに所属し汗を流すスポーツ体系パパ。支えるものがあるからきっと頑張ってくれるでしょう。

3R、森さん。?才女性既婚者。見た目は結構若い?言っちゃいましょう実の姉です。でも仕事中は、社長とよんでくれてます。早5年ですかね。これも言っちゃいましょう経験、センス、実績どれをとってもナンバー1でしょう。だれか追い抜いてー。でもやはり努力してますね。課題は、ずばり指導力。最初のころ結構衝突してたんですよ(笑)今は無くなりましたね。

4R、折田氏。38才既婚。ケーキ職人から我社へ早2年。持ち味は、仕事に対してほんと真面目な人です。愚痴はもちろん悪口言ってるのきいたこと無いなー?販売スタイルは、私に一番近いかも。温厚で甲子園出場経験のあるこのひともスポーツ体系パパ。実力からしてもっと実績が出せるはず。期待してます。

福山販売員から

5R、井上氏。32才既婚。早1年ですね。 もうすっかりベテランの域に達してきた感じですね。福山みんな若いからねしっかり引っ張ってやって下さい。二人目の子供もできるし、何やら持家計画もあるとか?大賛成です。これからもみんなを優しい目で癒してやってください。

6R、浅井さん。22才独身。今年入社。ちっちゃい女の子。がしかしハートは大きいですよ。元気、活発少女って感じ。ある小学校に販売で訪問した時、ある先生が、あっちゃんじゃない?って普通覚えてます?そんな昔の生徒。思わず聞いてしまいました。真面目な生徒でした?って。そしたら真面目でしたよ。よく働くでしょ?って帰ってきました。その日ほぼ全員の先生がパンを買って頂きました。今後の活躍が楽しみです。

7R、朝野氏。24才独身。今年入社。9Rの平谷氏と何やら師弟関係?最初、堅ーいサラリーマン風のイメージでしたが、何が何が福山一のつつかれ役。既に数々の名言を残すなど既に欠かせない存在。若いだけに今後様々な可能性を見ます。今はがむしゃらにがんばれ。

8R、麻生氏。24才独身。今年入社。お兄さんが5Rの井上氏のお客様というご縁から我社へ入社。爽やかなたれ目で愛嬌のある人柄から、5Rの井上氏たっての推薦。事業所の近くへ引っ越してくる等、大変意欲が感じられます。販売エリアが倉敷市で、都会地区だからね、大変な地区だけどあなたの若さと人柄で乗り越えて下さい。只今絶賛恋人募集中。誰かご飯作ってあげて?

9R、平谷氏。33才既婚。早1年ですね。向上心の強い人だからね、このコースを作って約5カ月よく頑張ってくれてます。彼の事だからもっと目標が高くあることでしょう。勝手に期待しちゃってます。5Rの井上氏とでしっかり福山盛りたててください。二人がいるから安心して東広島に帰れます。ほんと感謝です。

 

このメンバーが今のオノベーカリーを支えています。

大切な事は、お客様の立場(気持ち)になって対応するということ。ありがちな言葉ですがこの意味がしっかりわかった時大きく成長出来てると思います。そしていいものを作るということ。

次回そのいいものをつくっているスタッフを近日紹介致します。

ありがとうございました。

 

 

           

 


それから一年後そして今後

2012年4月23日00:36:46

 みなさんお久しぶりです。

スタッフにブログ更新せんのん?って言われながらもずっとホームページほったらかしでどうもすみません。変化があったから書く気になりました。

神辺事業所を開設して早一年、6月には6人態勢になります。製造も若き正社員三名入社しました。販売スタッフも三名増えました。わくわくする様なすばらしい若きスタッフばかり。みんな目がいきいきしてるんですよ。ほんとに感謝、感謝。

おかげで会社としてそれらしくなって来ましたね。私はどうだろう?銀行員だった時と何か変化してるんだろうか?

意識の高い、レベルの高い、スタッフがそろってくる中、

今後どのようにしていくのか私がしっかり方向性を見極めなくては。今一度自ら引き締めて。

固まりつつある次なる展開。どのタイミングか?みんなが活躍できるステージとして。

ただ今言えるのは、人は揃った。

次回は、オノベーカリーが誇るべき新しいスタっフを紹介します。又会いましょう。

 


近況報告

2011年7月25日00:21:08

 今日は、オノベーカリーです。

近況報告です。安芸津店のみんな元気で頑張ってますか。いや頑張っているはずです。

私は、今、福山のレオパレスで、このブログを書いています。

福山事業所開設から、約2カ月経過しました。

スタッフ総勢27名。みんなのおかげで何とかここまで。本当にありがとう。

まず、福山事業所の新スタッフを紹介致したい。

福山市を担当する井上氏。30歳で奥さんと1歳になる子を持つ、3人家族。

幼稚園の教員免許を持つ、イケ面販売員。まー子供に好かれる事。速くしなくては、次のお客様に行くの遅れるぞ。性格温厚で慎重タイプかな?

次に、岡山県井原市を担当する榊原氏。42歳で奥さんと二人の小学生の子を持つ4人家族。

元焼き肉屋の店主。又この人もイケ面で背が高い。コツコツマイペース型かな?自分の販売スタイルを速く習得してほしい。

次に、岡山県笠岡市、浅口市を担当する平谷氏。32歳で奥さんと3歳と数カ月の子を持つ4人家族。

ドコモの店長から、わが社へ転職してきた、又この人もイケ面。明朗快活タイプかな?

初心を忘れず、向上心をもって頑張ってほしい。

どうですか?この3人。それぞれ個性があって。この3人を例えば合体させれば、完璧な人間ができそうでしょう?

でも、完璧に成らなくていいんですよ。それぞれ長所があって、課題があって丁度いいと私は思う。みんなに言いたいのは、長所は伸ばせるから、常に課題を自分に掲げてほしい。

そして、秋口には、8台目。

そして、製造スタッフのみんな、まだまだこれから。近々安芸津に一旦帰る。いろんな話を聞かせて下さい。

さーーーて、もうひと踏ん張り。やるぞ!

 

 


新展開

2011年4月7日23:58:25

 こんにちは、オノベーカリーです。

このたび新たなる一歩を踏み出します。不安いっぱい。だけどどこか期待感いっぱい。

そんな心境でしょうか?描いた構想どうりにいくかどうか?

でも走りだしました。乗り遅れないようしっかりついてきてほしい。

 

まず、初めに安芸津工場責任者として、森主任の任命。素人から入社し、オープン時より早朝12時から一番に出勤し、捏ね担当として今まで大きなミスすることなく頑張り、ある時には、痛風に悩まされながらも松葉杖をつきながら休むことなく、文句ひとつ無くやりこなした功績を持つその責任感は、責任者しての資質は十分と思われる。今後の課題は、指導力と、捏ね以外の技術向上か?性格温厚で優しい人。捏ねは右に出る人なし。

次に、セールスアドバイザー(販売員)からこのたび製造に入る江口氏。彼の持ち味は、誰より細かい部分に気がきく性格で、衛生管理を特に期待したい。顔に似わわず几帳面(笑)。捏ねと配送係を担当。

それに伴い、ニューフェースとしてセールスアドバイザー大西氏が新しく仲間に加わりました。27歳独身男性。恋人募集中とのこと。9年勤務した某企業で管理者の仕事から今回初めての転職で入社。たぶんヤル男である。たぶん。

あと、パートさん2名増員。さすがは主婦の手さばき。上達が早い。

現在は、こういったとこ。まだまだ増員予定である。

 

さーーーて本題である。

 

このたび、福山市神辺事業所開設致します。

それに伴い安芸津工場改装及び機械の増設。新事務所の店舗開設。

つまりよりたくさんつくって福山へトラックで配送し、そこから発進するのである。まずは。

福山市からの募集もたくさん来ておりありがたいかぎり。

次なる目標は、まずそれを安定させ、その後、工場の設立を手掛ける。

オノベーカリー神辺支店の責任者として、候補も出てきています。それを目指して是非競争して頂きたい。競争無くして上達なし。

今のスタッフがこの会社を成長させるのです。

成せば成る。成さねば成らぬ。成コーポレーション。

さーーーーて   やるぞ!みんな!

 

 

 

 

 

 

 


報告

2011年2月11日23:03:24

 永らくブログを休んでおりました。申し訳ありませんでした。

 久しぶりに自分のブログを見ていると、なんだか初心に戻れて、晴れて、これからもがんばろーなんて思えて、久しぶりにブログを更新する気になってしまいました。

 もう少しで5年になります。順調になんとかやってます。と父にも報告したくて。

 突っ走ってここまでとりあえず。よくここまでこんな私についてきたスタッフ感謝。感謝。

 じゃが、まだまだ。

 

 つぎなるは!

 

 私の中で固まりつつある次なる展開。今のスタッフと共に、又、出会うであろう新しいスタッフと共に。

 オノベーカリーの歴史をこのブログに綴っていくつもりで。興味ある方と共感できたら嬉しいです。 又会いましょう。

 

 

 


修業編 変化

2010年1月21日23:37:39

 前回のつづき

 一か月経過する頃には、足や腰の筋肉痛は無くなり、不思議な事に毎日同じ事を繰り返していると、しんどい事も、辛い事も、慣れるんですよね。すべてに。

 三か月経過した頃には、作業スピードにも慣れてきて、スピードが付いてくると自分に余裕が生まれてくる。余裕が生まれると、作業しながら次の作業の流れを頭で描けるようになる。自分の事で精いっぱいだったのが、作業をしながら全体の流れが今どうなのか、どうすべきなのか、どうしたらもっと効率よく出来ないか考えるようになる。そうすると、自然とみんなに指示するようになっていた。自然と分からない事があれば相談を受けるようになっていた。

 気持ちの変化とでもいいましょうか?たいへんだ!辛い!しんどい!という思いから、考え方を変えた時、しんどいけど、あそこまでやれば確実に終わるんだ!と仕事帰りにふと思った時、体の力がスーと抜けた気がして、次の日から突然のスピードアップ。特に主任がびっくりしてた。自分でもびっくりしたのを良く覚えています。

 それからの上達が速かった。毎日が楽しかった。休憩も自分のペースで出来るようになっていた。

 すべては気持ちの持ち方だと思う。いかに自分に余裕をつけてやれるか。人間自分に余裕がないと何に対しても自信が持てない。今の私に全てに対して余裕があるとは思いませんが、課題が分かっていると、乗り越えようと努力できる。たとえ乗り越えられた事があっても、また更なる課題が発生する。それでいいと思う。

 半年過ぎた頃、主任が転勤となり、後任に私にという話がきましたが、それは辞退しました。新しい責任者の補助として引き受けました。その頃から独立に向け準備に入っていきました。

 ほんと厳しい主任で、職人気質な人で、パンについて何たるかを教えてくれた恩師です。ある時には、ある小学校の講演会に一緒に出席し、子供たちに夢について熱く語ったり、ある時には、お祭りのテキヤに紛れて休日返上でパンを売ったり、たくさんもの経験をさせていただいた。残念な事に今は退職されて、永らく連絡をとっていない。しかし製造スタイルは今も引き継いでいる。

 それから実質8カ月の修業を終え新規オープンに向けた準備に入っていきました。

 つづきはまた今度。ありがとうございます。

 

 

 


修業編3

2010年1月7日23:54:19

 前回つづき

 久しぶりにブログを書きます。ここ暫く何かとバタバタしております。何の話をしていたのか分からないくらいでブログを自分で確認するとこから入りました。

 修業期間中は、とにかく必死でやろうとするんだけど、手が慣れないし、立ち仕事に慣れないから足は痛いしで、最初の三か月間は、何してもダメダメ状態でしたね。

 その店は、大学から近い事もあってアルバイトの大学生が多く、主任と社員一人以外ほとんど大学生。バレーやってる子が多かったから、それこそ部活の延長って感じで、思ってたイメージとかなり違ってた。

 その時の主任が私と同級生で、その主任中心によくまとまった雰囲気でした。当時の私は、すべてが初めてで、優しく指導を受けたのは、最初の1日だけ。2日目からは、「昨日教えたでしょ、ちゃんとやってくださいよ」当然出来る訳なく、「なにしょん?それじゃだめじゃ」「頭あんまりよくないし、向いてないんじゃないの」等など。

 深夜1時からスタートし、7時頃アルバイトの子達が帰り、そろそろ休憩でご飯食べれるかなーと思いきや、鉄板掃除が始まり、8時頃新たなパートのおばさん達がずらずらと出勤してきて、そのまま12時迄、そろそろ終了かなーと思いきや、それからお店で、焼きたてカレーパンを出すから、お店の外で旗振りを頼まれ、3時迄。飲まず食わずで14時間。最初の頃は、もう注意されっぱなし。ほんと泣きそうなくらいが2~3カ月間。

 甘かった。絶対辞められなかった。辞めたら全てが無くなる。死ぬに等しかった。

 銀行辞める前の自分は、支店でいったら中堅どころで、先輩もいれば後輩もいる状況。大卒の新人に厳しく指導なりしていた自分が、今、社会にも出ていない大学生に日々ダメだしされている現状。覚悟はしていたけど、その場に立つと無性に悔しくて、今までのすべてのプライドをすてるか、何処かに収めとかないととても耐えがたい日々。精神的には、そこが辛かった。

 でも、この人達が、パンを教えてくれている。

 そう思うことで、自分の精神をつなぎとめていた。

 まず、みんなに認められよう。甘い気持ちで来てないことを示すことで、自分の居場所を見つけよう。そこから始まりました。

 つづきは、また今度。ありがとうございました。

 

 

 


修業編2

2009年12月10日23:09:32

 前回のつづき

 例えば、生地が捏ね上がった時点を、人間でいう母体から生まれ出た子供と想定する。この時から生地は、イースト菌が含まれる事により、呼吸を開始しはじめます。

 生まれ出た子供を保育器に入れる様に、生地は、乾燥を防ぐ為、密封状態にして、一時発酵にかける。この時生地に含まれるガスをしっかり膨らませてやることにより、元気をつけてやれます。

 又、人間の平熱が36℃とすると、生地の平熱は、26℃とされ(生地の種類によってさまざま)、捏ね上がり時点の温度で確認する。人間が38℃熱があると、しんどくて、ぐったりしますよね。生地も28℃あると、のびた様に、だれた生地になる。又、この時発酵も早いから、迅速な対応が求められる。30℃近くになることもあれば、24℃しか上がらない時もある。このような時は、元気が無いので、いつもより長めに発酵させたり、温度の高めな場所で密封して休ませる。

 つまり、人間がみんな人格、性格が違うように、どんな熟練された人が生地を捏ねても、毎回生地の温度も違えば、生地の状態も微妙に違う。計量さえ間違えて無ければ、失敗も正解もないということです。

 赤ちゃんが、何を望んでいるのか、何が不満なのか、親が見てやるように、生地を捏ねた人が、生地がどのようにされたいのか、生地と会話が出来るようになった時、捏ねの醍醐味が堪能できる筈である。

 教科書には無い、現場だからこそがそこには存在し、自信をもって送り出したお客様のもとえ、その時まるで、娘をお嫁に出すかの様な思いでパンを送り出す感覚を知った時、パン屋としてこの上ない至福である。

 今日もあなたの為に、あなたの望んだパンを、生きたパンを心をこめて送ります。

 次回から又、修業編のつづきです。木曜日更新予定です。