プロフィール

オノ ベーカリー

≫ 詳細プロフィール

記事テーマ

日記 (0)

お得な情報 (0)

製品・サービス情報 (0)

修業編3

2010年1月7日23:54:19

 前回つづき

 久しぶりにブログを書きます。ここ暫く何かとバタバタしております。何の話をしていたのか分からないくらいでブログを自分で確認するとこから入りました。

 修業期間中は、とにかく必死でやろうとするんだけど、手が慣れないし、立ち仕事に慣れないから足は痛いしで、最初の三か月間は、何してもダメダメ状態でしたね。

 その店は、大学から近い事もあってアルバイトの大学生が多く、主任と社員一人以外ほとんど大学生。バレーやってる子が多かったから、それこそ部活の延長って感じで、思ってたイメージとかなり違ってた。

 その時の主任が私と同級生で、その主任中心によくまとまった雰囲気でした。当時の私は、すべてが初めてで、優しく指導を受けたのは、最初の1日だけ。2日目からは、「昨日教えたでしょ、ちゃんとやってくださいよ」当然出来る訳なく、「なにしょん?それじゃだめじゃ」「頭あんまりよくないし、向いてないんじゃないの」等など。

 深夜1時からスタートし、7時頃アルバイトの子達が帰り、そろそろ休憩でご飯食べれるかなーと思いきや、鉄板掃除が始まり、8時頃新たなパートのおばさん達がずらずらと出勤してきて、そのまま12時迄、そろそろ終了かなーと思いきや、それからお店で、焼きたてカレーパンを出すから、お店の外で旗振りを頼まれ、3時迄。飲まず食わずで14時間。最初の頃は、もう注意されっぱなし。ほんと泣きそうなくらいが2~3カ月間。

 甘かった。絶対辞められなかった。辞めたら全てが無くなる。死ぬに等しかった。

 銀行辞める前の自分は、支店でいったら中堅どころで、先輩もいれば後輩もいる状況。大卒の新人に厳しく指導なりしていた自分が、今、社会にも出ていない大学生に日々ダメだしされている現状。覚悟はしていたけど、その場に立つと無性に悔しくて、今までのすべてのプライドをすてるか、何処かに収めとかないととても耐えがたい日々。精神的には、そこが辛かった。

 でも、この人達が、パンを教えてくれている。

 そう思うことで、自分の精神をつなぎとめていた。

 まず、みんなに認められよう。甘い気持ちで来てないことを示すことで、自分の居場所を見つけよう。そこから始まりました。

 つづきは、また今度。ありがとうございました。